カーテン選びの参考サイト Curtain Style メイン画像

企業間取引

司法書士で処理できる手続き『債務整理と個人再生および民事再生』

司法書士は債務整理を行うことができますが、弁護士とは違い、何でもできるというわけではありませんので、その範囲を認識しておく必要があります。まず、債務整理ですが、これは債務額が140万円かどうかで対応が分かれます。140万円以上ですと司法書士には交渉権や訴訟代理権は認められていませんので、業務を引き受けることはできません。つまり、総額140万円以下のものに限られるということです。次に、個人再生および民事再生ですが、これは地方裁判所に再生の申し立てを行わなければなりません。しかし、司法書士には訴訟代理権は認められていませんので、あくまでも書類を作成するだけにとどまり、申し立ては本人自ら行うことになります。

LINK